泌尿器科千田クリニック ホーム > 男性泌尿器の病気

男性泌尿器の病気

前立腺肥大症

トイレに行く回数が増えた、尿の出が悪い、残尿感が残る方は前立腺肥大症の疑いがあります。  
※前立腺がんにも同じような症状がみられます。


前立腺がんについてはこちら

前立腺肥大とは?
男性では尿道の奥部分というのは前立腺が囲んでいます。前立腺では一部の精液を作りだします。普段は栗の実くらいのサイズですが年齢を重ねるとともに前立腺は大きくなっていき、中の尿道を抑え込んでしまうことで尿の出を悪くさせていきます。これを前立腺肥大症といいます。

前立腺肥大とは?

具体的な症状は?
前立腺肥大症では尿がたらたらと出てきて、尿の切れが悪くなります。また年齢の経過とともに尿道の緊張状態が緩み、排尿を終えても尿道が思うように閉まらないということが出てきます。男性は特に尿道が長いので、内部に充分なスペースがあるため、そこに尿が溜まってしまうことが多々あります。このようなケースでは、排尿後に着座したり、ズボンを上げたりした際に尿漏れをしてしまうことが出てきます。このような現象は、前立腺肥大症ではなくても起こります。
また、夜、眠りについてから途中で起きてはトイレに行ってしまうのも前立腺肥大症の特徴の一つといえます。ただ必ず夜間にトイレに行く回数が増えたからといって前立腺肥大症を断定することはできません。歳を重ねるとともに眠りは浅くなっていくためトイレの頻度が多くなるということはあります。また寝る前に過剰な水分補給をするともちろんトイレの頻度も増えます。食事・水分を摂取した時間と水分量、トイレに行った時間とその排尿量を記録しておくと傾向をみることができると思います。なお心臓病や高血圧等で利尿剤を使用中である時は、それにより尿の頻度が一時的に増えることもあります。医療機関でご相談される際は使っているお薬を一緒に持っていかれると良いと思います。

前立腺がん

尿の出が悪い、尿が出にくい、トイレに行く回数が多いなどの症状がみられる方は、前立腺がんの疑いがあります。

そもそも前立腺って?
前立腺とは男性だけの臓器で、膀胱のすぐ下でその下には尿道があります。元々は胡桃の実ほどのサイズです。前立腺の役割は精液の一部を創出し、その一部が精子を防御したり栄養を与えたりしています。

早期段階の前立腺がんは症状がほとんどありません。
早期段階での前立腺がんは、ほぼ症状がないというのが特徴です。そのため早期発見をするには、前立腺がん検診を定期的に受診する必要があります。前立腺がんが発展すると、尿が出づらくなったり、排尿頻度が増えたりしてきます。また時には血尿が出ることもあります。ただ最も大切なことは、既出の症状は特別前立腺がんに限った症状ではないということです。例を挙げると前立腺肥大症にも同じような症状がみられます。最終的に前立腺がんが骨に転移してしまうと、腰痛などの痛みが生じるケースもあります。

膀胱がん

尿に血が混じっている方は、膀胱がんの疑いがあります。
膀胱はお腹の下あたりにある尿を溜めこむ袋ですが、この袋の中にできる腫瘍を膀胱がんと呼びます。一般的には50歳代~60歳以上の比較的高齢の方によく見られます。女性より男性の方によくみられます。喫煙はリスクを高めます。

自分でもはっきり確認できるような血尿が全体的には多いですが、尿検査を実施しないと確認できないものも中にはあります。中には血尿が知らないうちに無くなっているケースもありますが、自己判断で治ったと判断せずに診察を受けるようにしましょう。
たまに排尿時に痛みがでたり、排尿頻度が増えたりなど一見膀胱炎かな?と思うような症状から膀胱がんが発見されたりもします。膀胱炎の治療を受診しても症状がなかなか改善されない場合は当院のような泌尿器科専門医にご相談ください。

尿路結石症

尿路結石症とは?
腎臓で尿内の結晶成分をベースとして結石ができあがります。腎杯や腎盂内結石は大きくなったり、尿管につまったりもしてきます。小さな結石だと自然と尿と同時に体外へ出されます。

具体的な症状は?
結石は腎臓内に存在するだけでは基本症状はありません。尿管内に落ちて詰まることによって下記のような痛みを伴った症状を発症します。
最も頻繁なのが急遽発症する腰や下腹部の痛みです。ただ単に腰痛といっても通常の腰痛とは違い、安静にしても痛みは治まりません。また痛みが強いと苦しくて同じ姿勢で寝ていられなくなります。また結石が膀胱に近づけば近づくほど、その刺激によって尿が近くなったり、排尿後残尿が残ってしまったりして、まるで膀胱炎のような症状が出てきます。目でみて血尿とわかることも珍しくありません。

勃起不全(ED)

勃起不全(ED)の専用ページをご覧ください。

包茎

真性包茎と仮性包茎
真性包茎とは陰茎を包んでいる皮が狭くて亀頭が露出できない状態のことを指します。
一方で仮性包茎とは包皮を剥くだけで亀頭が露出できる状態のことを指します。

手術が必要ですか?
お子さんの場合、以前までは手術が基本として行われていた時期もありましたが、近年では手術をするケースというのはごく限られており、手術をしなければならないケースというのはほとんどないと言っていいです。スタンスとしては皮がむけるのを待ちます。しかし排尿があまりにも困難な場合や炎症を繰り返ししてしまう場合には、手術をする場合もごくまれにあります。
成人の方で亀頭がどうしても露出できない時は、ごくまれに腫瘍を合併してしまうことがあるため、一度当院のような泌尿器科専門病院での診察をお勧めします。仮性包茎については特段心配する必要はありません。

血精液症

精子に血が混ざっている方は血精液症と呼ばれ、前立腺炎が原因と考えられます。また同時に前立腺がんの疑いもあります。

主な症状

  • 精液の色が真っ赤またはピンク色になる
  • 赤黒い微かな点々が混ざっている

前立線炎についてはこちら

感染症

前立腺炎

急性と慢性
急性前立腺炎は、尿に含まれている細菌が前立腺に感染した状態のことです。
反対に慢性前立腺炎は、上記の急性のものとは症状や経過が全く違ってきます。

具体的な症状は?
急性前立腺炎では、高熱と排尿時の諸症状(排尿時の痛み、頻尿など)が伴います。比較症状は強いのが特徴です。
慢性前立腺炎は、排尿時の痛みや陰部の不快感がしばらく続くというのが主な症状です。 細菌感染が主ですが、中には原因がよくわからないものもあります。また骨盤内の血液循環の障害が起因していることもあるようです。
また前立腺炎は精巣上体炎を併発したり、 膀胱結石の影響で発症したりすることもあります。

前立腺肥大症や前立腺がんと関係あるの?
前立腺がんや前立腺肥大症に、前立腺炎を併行して発症することもありますので、排尿時に何か異常や変化を感じられましたら、専門医の診察を受けましょう。ここ最近でよく用いられている前立腺がんの血液検査(PSA検査)は、前立腺がんだけに限らず前立腺炎においても値が上昇します。異常値であると診断された場合は泌尿器科専門クリニックである当院にご相談ください。

膀胱炎

膀胱炎とは?
大腸菌等の細菌が、尿道口から膀胱に入り込むことで膀胱内に繁殖し炎症がおこった状態を膀胱炎と呼びます。

具体的な症状は?
おしっこをする時に痛みや違和感を伴う、トイレが頻繁になる、濁った尿が出るというのが3つの主な症状です。そのほかにおしっこしたのに残尿感がある、血尿が出るなどがあります。発熱は通常伴いません。もし発熱が出るのであれば、腎盂腎炎や前立腺炎等を疑った方がよいでしょう。

女性の方はこちら

尿道炎

尿道炎の症状って?
尿道炎を発症すると、かゆみや排尿痛、また尿道から膿がでたりすることなどがみられます。
主として淋病とクラミジアによるものと2分類があります。淋病の方がより強い症状があります。
クラミジア性尿道炎は、軽症状または症状がほとんどなく経過していくケースもあります。二つの感染が合併していることもあります。

尿道炎はどうやって発症する?
主な発症要因は、性交渉です。性風俗店などで発症しやすいのが淋菌性尿道炎で、クラミジア性尿道炎は一般女性から感染して発症することが多いという統計も出ています。通常、性交渉が実際行われてから、症状が出始めるまでの期間というのは、淋菌性尿道炎では3日~1週間、クラミジアでは1~2週間と言われています。
淋病では口内感染しても症状がないことがほとんどですが、風俗店でのオーラルセックスによる感染者が急増しています。

女性の方はこちら

腎盂腎炎

腎盂腎炎とは?
腎盂(尿が溜まる部分)の内部で細菌が増殖し、腎臓まで炎症が広がってしまった状態を腎盂腎炎と称します。

腎盂腎炎になる原因は?
尿道口から入り込んだ細菌が尿道をのぼっていき、最終的に腎盂に到達することで発症します。
また、腎臓に感染が及んでしまうこともごく稀にあります。
基本的には排尿によって細菌が体の外に排出されるため、そう簡単には発症することはありません。
ただし前立腺肥大症や尿路結石というような、いわゆる尿の流れを鈍化させてしまう病気や糖尿病のような、免疫力をさげてしまう病気等を合併したり、尿道カテーテル等の比較的細菌が付きやすいものが尿道に存在したりすると腎盂腎炎を発症しやすくなることがあります。
また腎盂腎炎を何度も繰り返し発症するお子さんには、元々生まれ持って尿道に何らかの異常をお持ちの場合もあります。

主な症状って?
熱をよく出す(たいてい38℃以上)・膀胱炎の症状、背中や腰の痛み等が出てくるのが代表的な症状です。
また前述の症状以外にも吐き気や寒気、また全身倦怠感などの症状が出るケースもあります。
お子さんやご老人の方で重症状になると、脱水症状による意識障害となる場合もあります。
また、もっと重度になると腎臓から細菌が血流に入り込むことで体全体へと広がっていき、最悪の場合生死にも関係する程発展する場合もあります。

精巣上体炎

精巣上体炎とは?
精巣上体に細菌が増殖することで炎症を引き起こしている状態のことです。
精巣(睾丸)の中で精子が生成され、精巣上体という臓器(副睾丸)を経るプロセスの中で成長していきます。

具体的な症状は?
陰嚢部(精巣を包んでいる突出した部分)が腫れることで痛みを伴い、熱(38度以上)が出てきます。
また急激に発症することがほとんどです。

原因は?
細菌が尿道から精管を通過し、精巣上体まで達することで、炎症を引き起こすことで発症します。
前立腺炎、尿道炎、膀胱炎であると、特に発症しやすいのが特徴です。

お問い合わせはお電話にて 0568-72-7267