泌尿器科千田クリニック ホーム > 皮膚の異常症状、病気

皮膚の異常症状、病気

皮膚がかゆい

アトピー性皮膚炎

かゆみの強い発疹が良くなったり悪くなったりを長期間繰り返す病気です。

ただ単純にアトピー(アレルギー)だけが原因とは限りません。
乾燥しやすい肌性質や汗、汚れ、ほこり、ストレス、ダニといった要因が重なることで発症します。

乳児期は一般的に4ヶ月~半年ごろに発症します。
発疹は主に顔や頭に発症しますが、首や手首、足首等の皮膚がくびれている部分に広がる場合もあります。

ジクジクして強いかゆみを伴います。1歳半ごろまでには治ることが多いですが、再発する場合もあります。

小児期は5歳ごろまでに発症して、ゆっくり治っていきます。
しかし、中には成人期まで続く場合もあります。また5歳以降に発症することもあります。
毛穴に角質がたまって皮膚はザラザラと乾燥します。
発疹はおもに目や耳のまわり(耳切れ)、首の周り、膝や肘のくぼみにみられます。

小児期に発症したものがおさまり、思春期を過ぎた頃に再発して30歳ごろまで続くこともあります。
ただし40歳以降に発症することはまれです。全体に乾燥肌で、炎症を繰り返すため皮膚は厚くなります。
発疹は顔、耳や目のまわり、首、肘、手など上半身に強い傾向があります。顔全体が赤くなることもあります。

皮膚が赤く腫れている

湿疹

主に身体全身、中でも特に手足や背中に発症することが多いです。
全般的には湿り気があり、痒みが強いのが特徴です。
初期段階での症状については、皮膚が赤くなってかゆくなり、その後赤いぶつぶつが現れてきます。
だんだん症状が発展してくると、皮膚の隆起の最も飛び出た部分に、水ぶくれができます。
最終的に症状が重度になってくると、黄色く濁った膿みがでてきたり、皮がむけてきたり、瘡蓋ができたりもします。
また、汗疹が発展すると急性湿疹を発症しやすくなります。

急性湿疹の治療には、まず最も大事なのは原因特定で、治療には軟膏やローション、スプレー、クリームなどの外用薬を主には用いて治療致します。
あまりにかゆみが強く、赤く腫れる場合には、副腎皮質ホルモンを含んだ外用薬を用いることで治療する場合もあります。

出来物(イボ、ヘルペス)ができた

イボ

尖圭コンジローム
主に性行為をすることで感染するウイルス性のイボのことです。完治までには非常に長い期間を必要とするケースもあります。
粟粒からエンドウマメほどのサイズのイボです。陰茎や陰唇、肛門等の粘膜と皮膚の境目あたりに見受けられることが多いです。触った感じはザラザラした表面で、ひどくなるとカリフラワーみたいになることもしばしばあります。

尋常性疣贅
イボウイルスが感染することにより発症する病気です。特にお子さんで、たこやウオノメだと思うものの殆どはこれに該当します。触った感じの表面はザラザラで、指紋を引き延ばすようにドーム状に膨れ上がってきます。
だんだんとイボが膨れ上がってくるにつれて、内部の毛細血管が皮膚の表面付近まで近づいてきます。
そのため体の重さによる圧力や外的な衝撃が少しでもあると出血を引き起こし、黒い点々が出てきます。

ヘルペス

原因は単純ヘルペスウイルスで、赤くて小さな水ぶくれが現れてきます。
主に顔面に発症するタイプと性器に発症するタイプに分類されますが、もちろんその他部位に発症すること稀にあります。
発症するかどうかは、体の免疫力や抵抗力、またウイルスの力加減によって決まってきます。
最近では大人の方でもヘルペスウイルスに感染しない人の方が増えてきているようです。

足の裏の皮が剥けてきた

異汗性湿疹 (水虫ではありません。要注意です。)

この病気は、特に手足によく汗をかく方に多く見受けられます。
季節の変わり目の時期に掌や足の裏、手足の指の側面に小さい水ぶくれのような物がたくさんでき、 薄くて丸い襟飾りのような感じに皮が剥けてくる「汗疱」を発症し、その後の何度も再発を繰り返していきます。
症状がないこともありますが、痒みを伴い赤くなる場合や水ぶくれがむけてビラビラになり、痛みを伴うケースもあります。

足の爪の色の変色が気になる

爪水虫

白癬菌(はくせんきん)というカビが原因となっており、皮膚角質層で繁殖して症状を引き起こします。
名前の通りですが、爪にできる水虫のことです。そのほとんどは足白癬や爪白癬と合併します。

特に中高年によくみられ、T・ルブルムという菌が主要な原因です。
またこれには自覚症状がないので、気にしない方が大半です。
ただ通常よりも爪がとても分厚くなり、白粉が内部に入り込んだり、変形してしまったり、気味の悪い色をした爪になり、皮膚科を受診する方も多いです。
爪にまで浸食すると、分厚くなって割れやすくなったり、濁った爪の色になります。

また白い線が縦に入るなどの変化も出てきます。
また変形が進行すると、爪の先っぽが皮膚の中に食い込んで激痛を感じることもまれに出てきます。

円形脱毛が気になる

円形脱毛症

円形脱毛症といっても様々なタイプがあります。
全身全ての毛が抜けてしまう汎発性、頭部の毛のみが全て抜ける全頭脱毛症、生え際付近の毛が抜けていく蛇行性脱毛症の3種類があります。

上記の中で最も多いのが、小さな円形で毛が抜ける単発性円形脱毛症と言われるものです。
小さい円形が一つであることもあれば、次から次へと出てきて数が増えていく多発性もあります。
頭の毛以外にも、眉毛、まつ毛、ひげ、体毛などが抜ける場合もあります。

主な原因としては、自律神経の乱れや甲状腺、ホルモンの異常、ストレス、アレルギーなど諸説ありますが、現在最も有力なのが自己免疫説と言われています。

精神的ストレスが原因になるケースもあります。毛が抜けた部分の皮膚が薄くかつ固まっているようであれば、強皮症の恐れがあり、乳幼児で抜けた部分に小さいイボが密集しているなら脂腺母斑の恐れがあります。
どちらにしても、抜けた部分に何らかの異常があれば、専門医の検査・診断を受けるようにしましょう。

お問い合わせはお電話にて 0568-72-7267