泌尿器科千田クリニック ホーム > 尿検査で異常があった方へ

尿検査で異常があった方へ

血尿(尿潜血)、尿蛋白、尿糖が陽性と診断された

血尿(尿潜血)が陽性と診断された場合

血尿には、見た目で尿がはっきり赤褐色と確認できる肉眼的血尿と、見た目では確認できないが試験紙上で尿潜血が陽性になる顕微鏡的血尿との2種類があります。

尿潜血で陽性と診断された場合、尿道周辺器官の何処かの部位で血液が混入したことをあらわしています。血尿が現れる病気には、腎炎、結石、腫瘍等が上げられます。そのためどの部位で血液が混入したかを検査する必要があります。その際は是非泌尿器科専門クリニックである当院をご受診ください。

尿蛋白が陽性と診断された場合

尿蛋白には病的なものと、まったく問題のないものとがあります。病的なものの主な原因には腎炎やネフローゼ等があり、一方、まったく問題ない病的でないものには、未成年者によくある起立性蛋白尿等があります。
尿蛋白が陽性と診断された場合には、腎炎やネフローゼなどと呼ばれる腎臓病の疑いもありますので、腎臓に詳しい専門医の受診もお勧めします。
当院では尿蛋白が陽性と診断された患者様には、まず詳細な尿検査と血液検査等を実施し。腎臓病の可能性を判断させて頂きます。

尿糖が陽性と診断された場合

尿糖についてはその他の診断が問題なく尿糖のみが陽性であれば、糖尿病の可能性も出てきますので内科の受診をお勧めします。また尿糖以外のものが陽性と診断されれば、腎臓病の可能性もあります。

血液検査で前立腺がんの疑いがあると言われた

血液検査(PSA検査)で値が正常値よりも高くなる場合は、次の通り詳しい検査を実施します。

  • 超音波検査…超音波によって体内状態を見ることができる画像診断装置を用いた検査です。肛門からエコープローベを入れ込み前立腺が観察可能な経直腸超音波検査というのもあります。
  • 直腸診…肛門から直接指を入れ込み前立腺を触る検査のことです。
    下着などもすべて下ろした上で仰向けになり、両膝を抱え込み臀部を出す態勢で実施します。
PSAって?

Prostate Specific Antigen(前立腺特異抗原)の略称。
いわゆる前立腺がんの腫瘍マーカーのことです。PSA値は他のがんで上昇することはほとんどといっていいほどありません。
またPSA値は前立腺肥大症や前立腺炎などの良性的な病気でも上昇しますし、加齢によっても上昇すると言われています。

超音波(エコー)検査で腎結石や前立腺肥大症を指摘された

他の病院にてエコー検査を受けられた方で、腎結石や前立腺肥大症を指摘された方には、
基本的には再度超音波(エコー)検査にて詳細を確認させていただきます。

その結果、治療対象となる腎結石の大きさかどうか、内服コントロールを必要とする前立腺肥大症なのかを判断させて頂きます。
上記のような診断を受けた方は、まずは当院にご相談ください。

お問い合わせはお電話にて 0568-72-7267